リースバックはシニアに人気の不動産活用法

何らかの事情でまとまった資金が必要になった時、自宅を所有している人はそれを売ることで代金を手にすることができます。ただ、言うまでもなく家を売るということはその家を引き払わなければならなくなることを意味するため、マイホームに愛着を持つ人にとってはなかなか決断を下すのが難しいところです。ところが、近年では自宅を売った後でもそのまま住み続けることができるという、ユニークなサービスの普及が進んでいます。リースバックと呼ばれることサービスは、生活スタイルを変えることなくまとまった資金が手にできるとあって、注目度が年々増加する傾向にあります。

リースバックは不動産活用サービスの一種で、自宅を売却すると同時に賃貸借契約を結び、賃借人になることでそのまま住み続けられるようにするというのが基本的な仕組みです。不動産会社が事業として手がけているケースが多く、売り手はまとまった現金収入を得られる、買い手は家賃収入が得られるという、双方にメリットの生じるシステムとなっています。リースバックについては、シニア世代における活用例が多く見られます。定年退職した後、年金が支給されるまでの間の生活資金をまかなうための「つなぎ」の資金としてよく活用されています。

子世代がすでに独立して一家を構えていれば不動産を遺すことにこだわる必要はありませんし、売却代金の一部をプールしておけば、将来自分たちが老人ホーム等に入所する際の初期費用として使うことができます。

Filed under: リースバック, 住宅関連, 意味Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website